Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

赤ちゃんの便は、もともとゆるいものです。赤ちゃんが元気で食欲もあれば、多少水分が多くても、問題がない場合がほとんどです。赤ちゃんの下痢は判断がつきにくいですが、普段より回数が増えて、おむつからはみだしてしまうほど水っぽいときは下痢と考えて下さい。今回は、赤ちゃんが下痢のときの離乳食についてお話します。

最優先は水分補給

赤ちゃんの体は大人以上に水分が必要ですが、体内に保つ機能は未熟です。下痢のときは大量の水分とミネラルが奪われるので、脱水症状を起こしてしまうこともあります。まずは水分補給を最優先にしてあげて下さい。

水分補給に最適な飲み物は?

下痢だけで嘔吐がない場合は、ORS、LGS、ベビー用イオン飲料、野菜スープ、味噌汁などをあげて下さい。胃腸を刺激しないよう、人肌の温度に温めて、飲みたがる量を、回数多く飲ませます。

離乳食は続ける?中止する?

離乳食は、食欲があり嘔吐がない場合は、中止せずに続けます。不必要な食事制限は、弱った腸粘膜の回復を遅らせ、下痢が長引くこともあります。消化の負担を軽くするために、おなかにやさしいメニューにしてあげて下さい。

おなかにやさしい食材は?

油脂や食物繊維が少ない、消化吸収のよいものを与えて下さい。代表的な食材は、米がゆやじゃがいものデンプン質(炭水化物)です。白身魚や卵などの良質なタンパク質も、腸粘膜の回復におすすめです。野菜や果物は裏ごしして、食物繊維を取り除きましょう。りんごやにんじんは、すりおろした方が下痢の回復を早めます。

ゴックン期の水分補給レシピ

「滋養だし」(ビタミン、ミネラル、アミノ酸補給に)

モグモグ期のデンプン質補給レシピ

「にんじんとりんごのみそがゆ」

モグモグ期のタンパク質補給レシピ

「おかゆの白身魚あんかけ」

※おかゆをあげるときは、熱すぎないように冷ましてあげて下さい。

最後に

赤ちゃんに熱がないときの下痢は心配ないことが多いです。水分補給とオムツかぶれに注意しながら、離乳食を続けてみて下さい。熱や嘔吐の症状がある場合は、水分補給をしながら、早めに医療機関の診察を受けて下さい。

参考文献:上田玲子監修・指導(2013)『離乳食大全科―これ1冊でOK スタートのおかゆから1才半ごろの完了まで』主婦の友社

Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter