Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

最近、よく耳にするようになった「オーガニックコットン」。なんとなくよさそうだけれど、普通のコットンとなにが違うのでしょうか。今回は、知っているようで知らないオーガニックコットンについてお話します。

綿

綿は、吸水性や通気性に優れ、肌ざわりがよいのが特徴です。直接肌に触れる下着や、暑い夏の服装は綿100%が気持ちいいです。洗濯が簡単で、手入れも楽です。いちばん身近な天然素材といえます。

綿の製造過程

綿の製造過程では、たくさんの化学薬品が使われています。それらが土に浸透すると、地下水も汚染されます。また、土の中で微生物がうまく生きていけないので、農地が痩せていきます。大量の化学薬品を使用することで、農場の労働者の健康被害も起きています。

オーガニックコットン

オーガニックコットンとは、無農薬で育った綿のことです。3年以上、農薬や化学肥料のない農地で栽培され、認証機関が定めた基準をクリアしたものだけが「オーガニックコットン」と名乗れます。

綿を育てる過程で使う殺虫剤や除草剤、生地に加工する際の漂白剤や防縮剤を最小限に抑えて作られています。

綿とオーガニックコットン

「綿」と「オーガニックコットン」で、品質に大きな差はないといわれています。違いの差があらわれるのは、環境への負担です。オーガニックコットンの需要が増え、有機栽培が広がれば、土壌汚染は減り、綿花を栽培している人たちの農薬被害も抑えられます。オーガニックコットンは、人や環境にやさしい、未来を見据えたサイクルで作られています。

カラードコットン

もともと綿花は白だけでなく、茶色や緑などの自然な色がついています。

現在は、染色しやすい白だけを栽培することが主流ですが、そのままの色を活かせば、染色する際の環境負担も減らすことができます。普通の綿と比べると、カラードコットンの方が、UVカットの効果も高いのだそうです。カラードコットンは白い綿花と比べると希少ですが、天然の色合いを求める人たちが多くなれば、オーガニックコットンのように徐々に広まって、街中でも見かけるようになるかもしれません。

さいごに

さきほどお話したとおり、綿とオーガニックコットンでは、品質に大きな差はないといわれています。しかし、シャツやタオルを買うときに、オーガニックコットンを選ぶことは、環境にやさしい選択をすることにも繋がります。節約や節制だけでなく、ビジョンに賛同して物を購入することも、身近なところでできるエコ活動です。

参考文献 岸下未樹(2010)『はじめてみませんか 布おむつ&おむつなし子育て―ナチュラルかわいい』主婦の友社

Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter