アレルギー症状の重症評価と対処法(中等症の場合) | マルチピュアジャパン浄水器

アレルギー症状の重症評価と対処法(中等症の場合) | マルチピュアジャパン浄水器

アレルギー症状の重症評価と対処法(中等症の場合) | マルチピュアジャパン浄水器

関連記事

アレルギー症状の重症評価と対処法(中等症の場合)

Mar.2017
8

アレルギー症状の重症評価と対処法(中等症の場合)

Mar.8.2017

Share on FacebookTweet about this on Twitter

アレルギー症状の重症度評価と対処法

子供にアレルギー症状が出たときにどの程度の症状で薬を飲ませたり、病院を受診したら良いのか迷うことがあります。その際に参考になる指標をご紹介します。

軽症の対応はこちら

中等症の評価(下記の1つでもあてはまる)

皮膚

  • 全身性の赤身、ぼつぼつ
  • 強いかゆみ
  • 顔全体の腫れ

消化器

  • のどの痛み
  • 強い腹痛
  • 嘔吐・下痢(2回)

呼吸器

  • 咳が出る(2回以上)

全身

  • 顔色が悪い

中等症の対応

エピペン

  • 治療後も咳が続く・重症と迷うときはエピペンを使用

  • 薬を飲ませる
  • 呼吸器の症状があれば気管支拡張薬を吸入する(処方がある場合)

受診

  • 5分ごとに症状を観察
  • 医療機関を受診

アレルギー症状が悪化する場合

症状が悪化した場合は、重症の対応へ移ります。

重症の対応はこちら

参考:国立病院機構相模原病院小児科配布資料「アレルギー症状の重症度評価と対応マニュアル」

注意点:本マニュアルは一般の方に対してアレルギー症状への対応の理解を助ける目的で作成し、内容に関しては責任を負うが、個々の対応の結果に関して責任を負うものではありません。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

マルチピュア浄水器をすでにお使いの方

浄水器のある生活マガジン「SHIZUKU」