結露 カビ対策 アレルゲンを増やさない工夫をしよう

結露 カビ対策 アレルゲンを増やさない工夫をしよう

Share on FacebookTweet about this on Twitter

寒くなると気になる結露。
結露によって発生するカビは、アレルギーやアトピーを引き起こす一因になっています。
このような、アレルギー症状を引き起こす原因となるものをアレルゲンといいます。
生活のなかにあるアレルゲンをできるだけ減らして、快適に暮らしたいものです。

今回は、結露を抑え、カビを発生させない工夫をご紹介します。

結露とは

結露とは、室内と室外の温度差で起こる現象です。
暖かい部屋の空気が、外気との温度差で冷やされると、空気中に含まれていた水分が表面化し、
水滴になります。

結露ができやすい場所

窓ガラスの他にも、収納のなかや壁、玄関ドアも結露による水滴がつきやすいところです。

結露した窓やサッシ、濡れたカーテンなどは、放っておくとカビの温床になります。
室内のカビが増えると、ぜん息やアレルギー性皮膚炎の発生、症状の悪化などを招きます。

結露はこまめにふき取る

できてしまった結露は、ぞうきんや市販のワイパーなどですぐにふき取ることが大切です。
結露を予防する方法も併用して、カビをつくらないように工夫して下さい。

結露の予防方法

結露の予防法を取りいれて、結露ができにくい環境をつくりましょう。

換気扇をまわす

換気扇をまわし、結露が発生しにくい環境をつくりましょう。
マンションは気密性が高いので、換気がとても大切です。
特に換気システムが義務化する前に建ったマンションの場合は、就寝時以外は、常に換気扇を使用する方がよいです。

換気する

窓を開けて室内の湿度を調節しましょう。
対角線上に窓があれば、両方の窓を開けて、風の通り道をつくります。
クローゼットも、晴れた日にはときどき開けて、空気の入れ替えを行って下さい。

「衣替えの季節 衣類のケアと収納のコツ」

加湿器を利用するときは湿度管理を

加湿器を使用するときは、湿度計を置いて湿度管理をするとよいです。
快適な湿度は40~60%ですが、冬の結露を抑え、家に優しい湿度は40%ぐらいです。

加湿器はこまめに清掃する

結露でのカビの発生とともに気をつけたいのが、加湿器に発生するカビです。
加湿器を清掃しないまま運転していると、タンク内で細菌やカビが繁殖して、室内に飛び散ってしまいます。
これもアレルギー症状や過敏性肺炎の一因となることがあるので注意しましょう。
取扱い説明書に従って、水の交換やタンクの清掃をこまめに行って下さい。

まとめ

結露は放っておくと、カビやダニの温床となります。
結露とカビを防止して、部屋のアレルゲンを減らしましょう。
また、加湿器の清掃もこまめに行い、部屋の空気をクリーンに保つことも大切です。

 
 
 
参考文献:アレルギーネットワーク編(2000)『アレルギーの快適生活』風媒社

Share on FacebookTweet about this on Twitter

関連記事

SHIZUKU 特集記事