秋冬のヘアケア対策 乾燥から髪のツヤを守ろう | マルチピュアジャパン浄水器

秋冬のヘアケア対策 乾燥から髪のツヤを守ろう | マルチピュアジャパン浄水器

秋冬のヘアケア対策 乾燥から髪のツヤを守ろう | マルチピュアジャパン浄水器

秋冬のヘアケア対策 乾燥から髪のツヤを守ろう

Oct.2015
30

秋冬のヘアケア対策 乾燥から髪のツヤを守ろう

Oct.30.2015

Share on FacebookTweet about this on Twitter

秋冬は、お肌だけでなく、頭皮も乾燥して髪のツヤが失われがちな季節です。また、夏の暑さや日焼けのダメージが髪に現れる時期でもあります。

今回は、秋冬も美しい髪を保つための対策をご紹介します。まずは、髪のダメージの原因から見ていきましょう。

髪のダメージの原因

乾燥が引き起こすダメージ

髪の水分量が不足すると、髪の表面のキューティクルが剥がれ、切れ毛や枝毛の原因になります。さらに、傷ついた部分から髪の内部の水分が流れ出ると、一層ダメージが進みます。

 

静電気が引き起こすダメージ

静電気が原因で切れ毛になることもあります。ブラッシングのときに、パチパチと毛が逆立つのは、髪の内部まで乾燥している証拠です。静電気はホコリなどを寄せつけるので、髪に汚れがつく原因にもなります。

美しい髪を保つポイント

美しい髪を保つポイントは、以下の3つです。

  • 清潔に保つ
  • マッサージをする
  • きちんと乾かす

 

髪は、濡れている状態がいちばん傷みます。生乾きの状態でいると、頭皮に雑菌が増殖して、においの原因にもなります。お風呂あがりは必ず髪を乾かしましょう。

頭皮マッサージをしよう

頭皮と顔の皮膚はつながっています。頭皮のケアをすることで、顔のくすみやたるみも予防できます。

頭皮マッサージの方法

  • 熊手のように指をひらき、指の腹を頭皮に密着させる
  • そのまま頭皮を動かす感覚で、耳周りから後頭部、頭頂部の順に少しずつ指を移動させる

 

ポイントは、頭皮をこすらず、揺り動かすようなイメージで行うことです。力を入れすぎず、心地いいと感じるくらいの力加減で行って下さい。

寒い冬の頭皮は、血行不良で乾燥したり、皮脂過多になりがちです。毎日入浴しながら頭皮マッサージをすることで、血行を促進しましょう。

スペシャルなケア

日頃のシャンプーで落としきれない汚れを浮かせて洗う、スペシャルケアもおすすめです。月に1回程度、オリーブオイルや椿油で、入浴中に頭皮マッサージをしましょう。マッサージを終えたら、蒸しタオルを巻くか、シャワーキャップをかぶるなどして、5分程度蒸らします。こうすることで頭皮全体の血行がよくなり、効果が高まります。その後はシャンプーをしてよく洗い流して下さい。

まとめ

基本的な日々の習慣が、美しい髪をつくります。乾燥する季節でも艶やかな髪を保てるようにケアしていきましょう。

 
 
 
参考文献:濱田マサル(2015)『読む美容辞典』講談社

Share on FacebookTweet about this on Twitter

マルチピュア浄水器をすでにお使いの方

浄水器のある生活マガジン「SHIZUKU」