今更聞けない糖質制限の基本のキ

今更聞けない糖質制限の基本のキ

糖質OFF、糖質カットなど糖質制限によるダイエットはメジャーなものとなりました。
一方で、糖質を減らしすぎたための健康被害も報告されています。

糖質制限・ロカボ食について改めて正しい方法を学び、健康な体を手に入れましょう。

糖質とは

食品の三大栄養素は脂質・タンパク質・炭水化物です。
炭水化物をさらに分類すると、糖質と食物繊維に分けることができます。
糖質=悪いもののように思われがちですが、脳や神経の重要なエネルギー源となるものです。
糖質を削りすぎると、脳や神経に影響をきたすのはエネルギー不足によるものです。

糖質を制限する効果とは

糖質を口にすると、血糖値が上昇します。
血糖値が上昇すると、糖を脂肪細胞に取り込むよう命令するインスリンというホルモンが分泌されます。
脂肪細胞に取り込まれた糖をエネルギー源として活動をサポートします。

糖質を制限することで、インスリンの分泌が通常より少なくなります。
これにより、脂肪細胞へ糖が取り込まれなくなり、結果的にダイエットになるという仕組みです。

糖質制限は難しい

糖質はエネルギー源としても重要である一方、脂肪細胞を大きくさせる作用も持つことから、極端に取りすぎ・取らなすぎると危険です。
また、糖質はご飯やパン、パスタなど主食に多く含まれています。
このため、外食が多い方だと糖質を減らすことはとても難しいのです。
お菓子やジュースなど甘いものももちろん糖質が多く、なかなか減らせず挫折する方が多いのも特徴です。

まずは軽い糖質制限から始めよう

極端に糖質を減らすのは危険なので、まずは軽い制限から始めることをお勧めします。
3食の主食を少しずつ減らすだけでも効果が期待されます。
外食の場合も、まずは定食のご飯を少なめでお願いすることから初めてみましょう。

また、糖質を少なくするとどうしても空腹を感じます。
そこで重要なのがタンパク質です。
お肉・お魚・お豆腐などといったタンパク質を積極的に取ることで、特に女性は髪や肌のパサつきも改善が期待できます。
ダイエットでお肌や髪がパサついた…という経験がある方は、タンパク質まで制限しているのではないでしょうか?

糖質制限中はお水をたくさん飲もう

糖質制限中もお水を飲むことはお勧めです。
これからの時期はお白湯として飲むことで、基礎代謝も上がりさらなるダイエット効果も見込めます。
むくみを気にされる方もいらっしゃいますが、お水が足りないこともむくみの原因の一つです。
積極的にお水は摂取しましょう。

飲料水としてウォーターサーバーやミネラルウォーターを飲み水として利用している方が多いと思います。
現在、世界各国でマイクロプラスチックが話題となっています。
ウォーターサーバーやミネラルウォーターのボトルもプラスチックで作られています。
一方、浄水器だとゴミは全く出ません。
自分の体だけでなく、地球環境のためにも浄水器の使用をお勧めします。
マルチピュア浄水器は使用量の制限はなく、水道水特有のカルキ臭やカビ臭はもちろん、発がん性物質、環境ホルモンなど一般の浄水器では取り除くことが困難な物質までしっかり除去できるので、美味しさはもちろん安全なお水をたっぷりと使うことができます。
世界基準のマルチピュア浄水器をお手軽に使えるレンタルもあります。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

SHIZUKU 特集記事