正しい歯の磨き方を知って、口元から綺麗になろう

正しい歯の磨き方を知って、口元から綺麗になろう

Share on FacebookTweet about this on Twitter

正しい歯の磨き方を知って、口元から綺麗になろう

忙しい毎日で歯磨きをおろそかにしていませんか。歯磨きをおろそかにすると、虫歯になるだけでなく、歯石や着色汚れ(ステイン)、また年齢とともに、歯槽膿漏になる確立が高くなります。

今回は正しい歯の磨き方をご紹介します。

歯ブラシの使い方

毎日食後に歯磨きしていても、きちんと磨けていなければ意味がありません。歯ブラシは、歯の表面だけでなく、裏側も磨くようにします。磨きづらい奥歯の裏側は、口を軽く開けて歯ブラシを斜めに奥へ入れるように磨くと、奥歯の裏側に歯ブラシが届き磨くことができます。

また、歯ブラシは毛が開くと汚れを落とす効果が急に落ちます。歯ブラシは1か月に1回を目安に交換するようにしましょう。

歯ブラシは1か月に1回を目安に交換

デンタルフロスの使い方

歯周ポケットに入った汚れは歯ブラシでは取り切れません。フロスを使いましょう。

フロスは糸状のタイプと、手持ちタイプがあり、糸状タイプの方が歯周ポケットに深く糸が入り汚れが落ちやすいのでお勧めです。糸状タイプでも手持ちタイプでも同じですが、歯の間の汚れを取るだけではもったいないので、糸を歯の表面に這わせて歯の表面の汚れも取るようにしましょう。歯周ポケットの中に糸を入れて、歯周ポケットの汚れをとることもできます。フロスを使うときは、歯の間、表面、歯周ポケットまできれいにするように心がけましょう。

歯磨き粉

歯磨き粉は、いろいろなものが市販で売られていますが、フッ素配合の物を選ぶようにしましょう。フッ素は水に溶けやすいので、歯磨き粉を歯ブラシに付けるときは水で濡らさないようにしましょう。また、歯磨き後のうがいは何度もしないで少量の水で1回のみにするのが、フッ素を洗い流しすぎないのでお勧めです。

まとめ

歯磨きはきれいに磨けていると思っていても、自分ではわからない磨き方の癖があったりして、磨き残しが出てきがちです。歯の健康のために、歯科検診は1年に1回、できれば半年に1回は受けましょう。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

関連記事

SHIZUKU 特集記事