自分に合った制汗剤の種類・使い方をみつけよう | マルチピュアジャパン浄水器

自分に合った制汗剤の種類・使い方をみつけよう | マルチピュアジャパン浄水器

自分に合った制汗剤の種類・使い方をみつけよう | マルチピュアジャパン浄水器

関連記事

自分に合った制汗剤の種類・使い方をみつけよう

May.2017
14

自分に合った制汗剤の種類・使い方をみつけよう

May.14.2017

Share on FacebookTweet about this on Twitter

自分に合った制汗剤の種類・使い方をみつけよう

気温が高くなってくると、汗をかく場面も増えてきます。

においが気になる、一日一回でしっかりケアしたいなど、それぞれの悩みに合った制汗剤を使い分けることで快適に過ごせます。

今回は制汗剤の効果的な使い方とそれぞれに合う制汗剤の種類をご紹介します。

制汗剤をつけるタイミングは「夜の入浴後」

制汗剤は朝の外出前に使うイメージがありますが、「夜の入浴後」に使用するとより効果的です。肌が清潔な状態で使い、寝ている間から汗を抑えるとよいです。

制汗剤は肌を清潔にしてから

外出先で汗ケアするときも、制汗剤を塗る部位を清潔にしてから使用するとよいです。軽く汗を拭いてから使うだけでも効果が高まります。

簡単にできる体臭チェック

以下に当てはまる人は、ご自分のにおいが強い可能性が高いです。

  • 耳垢が湿っているタイプの人
  • 服のワキ部分や枕に黄ばみができる人

においが気になる方は無香料タイプを

自分のにおいが気になる人は、無香料タイプの制汗剤がおすすめです。自分のにおいと制汗剤の香りが混ざることを防げます。

制汗剤の種類

制汗剤の種類は数種類あります。

製品にもよりますが、効果が高い順に並べると以下のようになります。

ご自分のお肌や用途に合わせて使い分けると便利です。

スプレー・シート→ロールオン→スティック→クリーム

気軽に使いたいときの制汗剤

気軽に使える制汗剤は、値段も手ごろで汗をかいた不快感をさっぱりとさせてくれるので、気分転換にもなります。

スプレータイプの制汗剤

広範囲に気軽に使うことができ、ひんやりと清涼感があります。

効果はあまり持続せず、におい対策としての効き目はあまり期待できません。

シートタイプ

持ち運びに便利で、こちらも手軽に使うことができます。汗のべたつきが気になるときに使用するとさっぱりします。パウダー入りの製品は、

肌をさらさらさせる作用がありますが、まれにパウダーが服についてしまうこともあるので注意して下さい。

効果が持続する制汗剤

ご自分のにおいが気になる方や、しっかり汗ケアをしたいときは、肌に直接塗るタイプがおすすめです。肌に密着するので効果が長持ちします。スプレーやシートよりは値段が高めですが、一度塗れば頻繁につけなおさなくて済みます。

ロールオンタイプの制汗剤

リキッドをワキに直接塗るタイプです。汗を抑え、においを防ぐ効果が高いです。手を汚さずに使用できますが、肌が乾くまで少し待ってから服を着ます。

スティックタイプの制汗剤

繰り出し式なので、こちらも手を汚さずに使えます。

クリームタイプの制汗剤

こちらは手で直接クリームを塗ります。手は汚れてしまいますが、ご紹介した種類の中でも、クリームタイプは特に効果が高いです。ひんやり感がないので、夏以外でも使いやすいです。

制汗剤でのかぶれに注意

制汗剤は汗腺を塞いで汗をかきにくくするので、肌への負担もあります。お肌に合わない場合もかぶれやかゆみ、黒ずみの原因になってしまうので、異常を感じたら使うのを控えましょう。

制汗剤に頼りすぎると逆効果の恐れも

制汗剤で汗腺を塞いでしまうことで、お肌の新陳代謝を阻害することがあります。

また、頻繁に除菌することで、いい働きをしてくれるお肌の常在菌まで減らしてしまい、正常なバリア機能が保てなくなることもあります。

制汗剤との上手な付き合い方

制汗剤を使わない日をつくったり、汗脇パッドを活用したりして、肌を休ませる日を設けましょう。

体のにおいとの付き合い方

汗をかくことは、体温調節に欠かせない大切な働きです。きちんと水分補給して、適度な運動で汗をかく習慣を心がけると、結果的ににおいが軽減されることもあります。また、食生活の面から改善を目指すこともできます。

まとめ

制汗剤は用途によって使い分けることで汗ばむ季節も快適に過ごせます。

使用のし過ぎなどでかぶれてしまうおそれもあるため、自分のお肌の状態も見ながら使って下さい。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

マルチピュア浄水器をすでにお使いの方

浄水器のある生活マガジン「SHIZUKU」