低気圧が原因の頭痛には。 低気圧を教えてくれるアプリを活用しよう

低気圧が原因の頭痛には。 低気圧を教えてくれるアプリを活用しよう

低気圧が原因の頭痛には

頭痛にはさまざまな原因が存在します。緊張や寝不足、原因不明の突発性のものもありますが、その中でもよく起こるのが気圧の変化によるものです。

今回は、低気圧で発生する頭痛について、詳しい原因と対処法をご紹介します。

低気圧とは

大気の重さが地表面にかかる圧力のことを気圧と呼びます。低気圧とは、周囲より気圧が低いところのことです。

なぜ低気圧で頭痛が起こるのか

なぜ低気圧で頭痛が起こるのかというと、低気圧によって人にかかる圧力が軽くなるためです。人は常に一定の圧力を受けて生活をしています。しかし、低気圧になると、これまで体にのしかかるようになっていた気圧から開放されることになります。

この変化に敏感な方が頭痛を起こしやすいと考えられます。

血流の変化

低気圧で血管を抑えていた圧力が軽くなり、血液の流れがよくなります。通常ならいいことなのですが、血流がよくなりすぎることで脳の神経を刺激してしまい、頭痛が起きることがあります。

 

自律神経の乱れ

また、気圧が下がることで自律神経のバランスが崩れ、体調に変化が起こるという考察もあります。

低気圧が原因の頭痛

通常の頭痛と違って、低気圧が近づいてくると、脈打つようにズキンズキンとした痛みが起こります。主に側頭部や頭頂部、頭の片方で断続的にくり返し、長ければ数時間続くことがあります。ひどくなると吐き気がしたり、日常生活に支障が出ることもあります。

低気圧が原因の頭痛の対処法

低気圧把握アプリを活用する

低気圧を教えてくれるアプリがあるので、活用するのもひとつの手です。

便利な機能を使って低気圧を事前に把握しましょう。頭痛が起こりそうな日や時間帯が分かれば、心構えができて予防策もとりやすくなります。

低気圧把握 気圧予報アプリの機能

気圧変化を教えてくれる

天気予報と数日先の気圧予報が表示されます。

あらかじめ自分が住んでいる場所に近い地点を登録しておくと、大きく気圧が変化する場合にお知らせしてくれます。(※通知設定を「受け取る」にした場合)

 

薬を飲んだ日時をメモで管理

薬を飲んだ日時をメモしておけるので、自分の体調管理や薬の摂取量を把握しやすくなります。

 

頭痛の知識を得る

気圧にまつわる病気や頭痛の問題などを解説してくれるので、知識を集めて事前の心構えや予防対策を行いやすくなります。

 

頭痛の原因探しとして

また、気圧の変化で症状が発生しているのか疑問という人でも、実際に使用してみれば、アラートのタイミングから低気圧が関係しているのかどうかが判断できます。

頭痛の治し方

痛むところを冷やす

低気圧によって血管が広がって、血液の流れがよくなることで片頭痛が起こるのであれば、こめかみなど、痛むところを冷やすと効果的です。血管が収縮して痛みが和らぎます。

 

緊張性頭痛の場合は、緊張をほぐすために温めるのが効果的ですが、血流がよくなることで頭痛がするときは、入浴や運動は逆効果になるので控えて下さい。

 

カフェインを摂る

頭痛がはじまった初期の段階なら、カフェインを摂ることで症状が軽くなることもあります。カフェインには血管を収縮させる作用があるので、コーヒー、緑茶、紅茶などを飲むとよいです。

 

頭痛に効果的なハーブティーを飲む

頭痛を和らげる働きがあるハーブティーを活用するのもよいです。種類が多数あるので、自分に合ったものをみつけたり、複数ブレンドしてもよいです。

「頭痛に効くハーブ一覧」はこちらへ

 

鎮痛剤を早めに飲む

頭痛が起こりそうになったらすぐに鎮痛剤を飲むのも有効です。痛みが出てきてから服用するより効果的です。

まとめ

低気圧が原因で頭痛になりやすい方は、低気圧把握アプリなどを活用するのもひとつの方法です。事前に頭痛になりそうな日が分かれば、予防策もとりやすいです。

関連記事

SHIZUKU 特集記事