成長に合った離乳食の進め方を知ろう | マルチピュアジャパン浄水器

成長に合った離乳食の進め方を知ろう | マルチピュアジャパン浄水器

成長に合った離乳食の進め方を知ろう | マルチピュアジャパン浄水器

関連記事

成長に合った離乳食の進め方を知ろう

Sep.2015
3

成長に合った離乳食の進め方を知ろう

Sep.3.2015

Share on FacebookTweet about this on Twitter

離乳食は、ミルクから固形食へと移る大切な過程です。

いままでミルクだけだったのに、うまく離乳食をスタートできるか不安もあると思いますが、その子に合ったペースで大丈夫です。

食べる楽しさを知ってもらうためにも、まずはお母さんがリラックスして、挑戦してみて下さい。

今回は、赤ちゃんの成長に合った離乳食の進め方をご紹介します。

赤ちゃんの成長は、4つの時期に分けることができるので、まずはそれぞれ見ていきましょう。

離乳食初期(5~6ヵ月ごろ)ゴックン期

液体に近い形状の離乳食をゴックンと飲み込む時期です。

食品の種類は少なく、母乳・ミルク以外の味や食感に慣れるのが目的です。初めの2週間くらいはつぶしがゆから。順に野菜の裏ごし、消化のいい豆腐や白身魚などを加えて慣らしていきます。

離乳食中期(7~8ヵ月ごろ)モグモグ期

1日2回の離乳食に慣れてきて、そのまま飲み込めないかたまりは、舌で上あごに押しつけて、モグモグしてから食べるようになる時期です。鶏ささみ肉や赤身魚、乳製品や卵など、食べられるタンパク質源食品の種類が増えるので、メニューに取り入れてみて下さい。

離乳食後期(9~11ヵ月ごろ)カミカミ期

舌でつぶせないものを歯ぐきでカミカミして食べる時期です。

離乳食からとる栄養が60%以上になるので、栄養バランスに注意が必要になってきます。離乳食の形状は、少し固さと大きさを増やして、歯ぐきでつぶして食べることを促します。手づかみ食べは、食への意欲のあらわれでもあるので、ある程度自由にさせてください。

離乳食完了期(12~18ヵ月ごろ)パクパク期

前歯でかみ切り、歯ぐきでかんでパクパク食べる時期です。

この頃から、ほとんどの栄養を離乳食からとるようになります。その食材に合ったかむ力を育てるためにも、食感の異なるいろいろな食品を食べさせましょう。大人の料理をとり分けるときは、やわらかく薄味に調理して下さい。

まとめ

離乳食では「進める」という言葉がよく使われますが、途中でひと休みすることもあれば、逆戻りすることもあります。

4つの時期はあくまで目安と考えて、その子のペースに合わせてあげて下さい。時期ごとの詳細は別ページでもご紹介していますので、そちらも見てみて下さい。

参考文献:上田玲子監修・指導(2013)『離乳食大全科―これ1冊でOK スタートのおかゆから1才半ごろの完了まで』主婦の友社

Share on FacebookTweet about this on Twitter

マルチピュア浄水器をすでにお使いの方

浄水器のある生活マガジン「SHIZUKU」