粉ミルクの調乳に適した水とは?水道水?ミネラルウォーター?

粉ミルクの調乳に適した水とは?水道水?ミネラルウォーター?

ミルクの作り方

赤ちゃんにあげるミルクは粉ミルクにお水を混ぜて作ります。
ミルクは70度以上のお湯で溶かして、湯冷ましを加え人肌に冷ましてから赤ちゃんに与えます。
免疫力も消化能力も低い赤ちゃんにあげるため、衛生面には注意が必要です。
作り置きや飲み残しを与えることはNGです。

粉ミルクを溶かすための水

粉ミルクを溶かす水は、ミネラル分の少ない軟水を選ぶことが重要です。
これは内臓の機能が未熟で消化能力も低いため、水に含まれるミネラル分を排出することが難しいためです。

水道水

日本の水道水は軟水なので、ミルクを作るのに適しているとされています。
また、日本の浄水場の性能は非常に高く、水質基準も厳しいことも知られています。
ただし、浄水場から家庭の蛇口までの間(水道管)で汚染されるケースもあり、水質を維持するのが困難な場合もあります。
水道水を調乳に使う場合はカルキを抜くためにしばらく煮沸したものを使うことが推奨されています。

ミネラルウォーター

コンビニやスーパーでもよく見かけるペットボトルタイプのミネラルウォーター。
ミルクを作るのに適したもの、適さないものがあるので注意が必要です。
ミルクを作る際にはミネラルウォーターの硬度を確認します。
硬度100mg/lの軟水を選びましょう。
日本のミネラルウォーターは基本的に軟水ですが、海外のミネラルウオーターは硬度の高いものも多いため、注意が必要です。

ウォーターサーバー

お湯と水がすぐに利用できるウォーターサーバーを利用している家庭も多いと思います。
ウォーターサーバーについてもミネラルウォーターと同じく硬度に注意して選ぶことが重要です。
また、どういった製法でボトリングされているかも確認が必要です。殺菌できているか確認しましょう。
日本で販売されているウォーターサーバーは軟水で加熱殺菌されているものが多いですが、気になる場合はメーカーに問い合わせをして利用しましょう。
ウォーターサーバー本体は雑菌も繁殖しやすいため、定期的に掃除をして清潔に保つことが重要です。

浄水器を利用した水

浄水場から家庭の蛇口までで汚染された水を浄水器を利用することで綺麗にすることができます。
浄水器によってはミネラルを付与するタイプである場合もあるため、確認したうえで利用しましょう。
導入コストはかかりますが、長い目で見た場合はミネラルウォーターやウォーターサーバーより低コストで利用することができるのも特徴です。
浄水器を利用する場合も水道水同様、煮沸することでより安心に赤ちゃんに与えることができます。

まとめ

内臓の発達も未熟な赤ちゃんのためにミネラルが低い水を使うことが重要です。
また、ミネラル以外の不純物、細菌なども取り除いた安全な水を使うことも大切です。
マルチピュアの浄水器はウォーターサーバーやミネラルウォーターよりもトータルでは低コストで利用することができます。
また、米国NSF認証を取得しており、他社の浄水器が15種類の除去性能であるところを80種類を超える除去性能を持っています。
レンタル浄水器も用意しておりますので、まずはお問い合わせください。

関連記事

SHIZUKU 特集記事