雨の日だから子供と楽しく家遊び

雨の日だから子供と楽しく家遊び

雨の日は子供とも外に出かけられず、家で過ごすことが多くなります。
外でたくさん遊びたい子供の場合、ストレスがたまりいつもより手がかかる…と言ったこともよく耳にします。
これからの梅雨の時期、家の中で乳幼児と楽しく遊べる方法を探してみました。

定番はお絵かき

家の中の遊びの定番はお絵かきです。
子供によっては何時間も集中してお絵かきをする子もいるため、家遊びの定番となっています。

机や床がクレヨンで汚れるのがストレスという場合も、水で落とせるクレヨンなどが売られているので活用しましょう。
この他にも口に入れても安全な蜜蝋クレヨンや小さな子でも持ちやすい形のクレヨンなども売っています。
スモックなど汚れてもいい服を着せて自由にお絵かきをさせてあげることで、創造性が養われます。

アクティブな子には体を動かす遊びを

お絵かきや絵本よりも体を動かして遊びたがる子供の場合は、ボール遊びがおすすめです。
市販の柔らかいボールであれば、家の中のものを壊す可能性も低く、親子でキャッチボールができます。
また、市販のボール出なくても風船を膨らませたり、新聞紙をビリビリに破ってボールを作ることから初めても楽しめます。

家の中で遊べる遊具でなくても、子供はなんでもおもちゃにして遊びます。
畳んだ布団やダンボール、クッションなどを組み合わせてアスレチックを作っても楽しく遊ぶことができます。

テレビも活用する

なるだけ避けたほうが良いとされているテレビですが、時間や距離を守って楽しく見ることも良いと思います。
特に子供むけの番組は体を動かしたり、歌ったりと親子で楽しめる内容担っているので、一人で見せるのではなく、親も子供と一緒に見たり動いたりして楽しむことができます。
長時間一人っきり、テレビからの距離が近いようなことがあれば声をかけながらテレビを活用しましょう。

雨でずっと外に出られないのは、大人も子供もストレスがたまってしまいます。
梅雨などの長雨の時は子供だけでなく親も一緒に楽しめるようなお家遊びを探してみるのも良いかと思います。

関連記事

SHIZUKU 特集記事