栗ご飯・鶏ごぼうご飯・さつまいもご飯のレシピ

栗ご飯・鶏ごぼうご飯・さつまいもご飯のレシピ

秋は、炊き込みご飯のおいしい季節です。旬のものを使って、秋の味覚を楽しみましょう。
何度か作ってコツをつかんだら、お好みの具材を加えてアレンジしてみて下さい。

 
その他の秋のレシピはこちらから

「秋の味覚 リメイクできる里芋レシピ」

「秋の味覚 リメイクできるさつまいもレシピ」

 

栗ご飯

栗の下ごしらえの手間はありますが、秋を感じられる贅沢な一品になります。
もち米を混ぜて炊くと、モチモチとした栗ご飯になります。
もち米がないときは、普通の米で炊いてもよいです。
 

材料(4人分)

  • 米…1合
  • もち米…1合
  • むき栗…300~400g
  • 塩…小さじ1
  • 酒…小さじ1
  • 水…400ml
  • 黒ごま…適量

 

栗の下ごしらえ

  • 鍋にたっぷりの水と栗を入れて強火にかける
    沸騰したら2分ゆでて火を止め、ふたをして常温になるまで冷ます
    冷めたら水気をよくきって、冷凍庫に一晩おく
  •  

  • 一晩たったら、冷凍庫から出し、30分ほど常温に置く
    栗の底の部分に包丁を入れ、皮を引っ張るようにして鬼皮をむく
    渋皮も底の部分から包丁を入れ、皮を引きはがすようにしてむく
    栗は変色しやすいので、皮をむいたらすぐに水につける

 

作り方

  • 栗は鬼皮と渋皮をむいて水につけておく(上記の「栗の下ごしらえ」参照)
  • 分量の水に塩を溶かしておく
  • 米ともち米は、合わせてといで30分ほど水につけ、その後、ザルにあげて10分水切りする
  • 鍋に、ごま以外の材料と2の塩水をすべて入れて、ざっくりと混ぜる
  • ふたをして強火にかけ、沸騰して鍋ふちから泡がたってきたら、弱火にして10分炊く
  • その後、10分蒸らす。盛りつけたらお好みで黒ごまを振る

 

鶏ごぼうご飯

鶏とごぼうの旨みがご飯にしみ出る、コクのある炊き込みご飯です。
おにぎりにしてもおいしいです。
 

材料

  • 米…2合
  • 鶏もも肉…1/2枚
  • ごぼう…1/2本
  • だし…360ml
  • 【A】

  • 酒…大さじ2
  • しょうゆ…大さじ1
  • 塩…小さじ1弱

作り方

  • 鶏肉は1㎝角くらいに切る
  • ごぼうは皮をこそげ落としてささがきにし、水にさらしてザルにあげ、水気を切る
  • といだ米を炊飯器に入れ、だしと【A】を加え、1・2をのせて普通に炊飯し、10分ほど蒸らす

 

さつまいもご飯

さつまいもは、ご飯と一緒に炊くときにやわらかくなるので、大きめに切っても大丈夫です。
お好みで調節し、ごろっと入ったさつまいもの食感を楽しむのもよいです。
 

材料(4人分)

  • 米…2カップ
  • さつまいも(小さいもの)…1本(250g)
  • 酒…大さじ1
  • 塩…小さじ1
  • 黒いりごま…適量

 

作り方

  • 米を洗ってザルにあげ、しばらくおく
  • さつまいもはよく洗い、皮つきのまま2㎝角に切り、水にさらしたのち、水気をよく切る
  • 酒に水を足して2カップに計量し、塩を加えて溶かす
  • 炊飯器に米を入れ、さつまいもをのせ、3を注ぎいれて炊く
  • 炊きあがったらさつまいもがくずれないように軽く混ぜ、器に盛り、ごまをふる

まとめ

今回は、栗ご飯・鶏ごぼうご飯・さつまいもご飯をご紹介しました。
炊きたてはもちろん、おにぎりにすれば、紅葉狩りなどのお弁当としても活躍します。
ぜひ、秋ならではの味覚を楽しんで下さい。
 
 
 
 
参考文献:フーズ編集部(2015)『簡単!ラクラク!秋おかず2015』学研
     主婦の友社 編集(2010)『決定版 炊飯器で絶品レシピ』主婦の友社
     栗原はるみ(2011)『haru_mi 秋 2011 年9月1日 Vol.21』扶桑社

関連記事

SHIZUKU 特集記事