女性にうれしい 豆乳鍋のレシピ

女性にうれしい 豆乳鍋のレシピ

寒くなり鍋の季節がやってきました。家族や仲間と鍋を囲むのは、冬の楽しみのひとつです。

今回は豆乳と味噌を使った豆乳鍋をご紹介します。
大豆由来の成分は、女性ホルモンを整え、ダイエットにも効果的です。
豆乳と味噌は大豆製品どうしなので相性もよく、コクがあってなめらかな味になります。

豆乳鍋のレシピ

材料(4人分)

  • 豚ロース薄切り(またはバラ肉)…400g
  • 大根…200g
  • ニンジン…1/2本
  • 豆腐…1/2丁
  • しらたき…1パック
  • シュンギク…1/2束
  • シメジ…1/2パック
  • エノキダケ…1袋
  • 長ネギ…1本
  • タラ…1切れ
  • もやし…1/2袋
  • ゆずこしょう(薬味)…適量

(煮汁)

  • 豆乳(無糖)…400~600cc
  • 和風だし…1ℓ
  • 酒…大さじ2
  • みりん…大さじ2
  • 味噌…大さじ4
  • 塩(にがりなし)…適量
  • しょうがの絞り汁…少々

作り方

  • 大根とニンジンは短冊切りに、他の材料は食べやすい大きさに切る
    鍋に煮汁を入れ、煮立ったら豚肉、他の材料を加える。エノキダケは最後に入れる

 
お好みでゆずこしょうを加えて食べて下さい。

豆乳について

豆腐店で販売している豆乳は、沸騰すると分離しやすいです。
豆乳鍋をつくるときは、市販の調整豆乳がおすすめです。
和風だしと豆乳1:2くらいで配合して下さい。

味噌について

赤みそは色が濃くなるので、豆乳鍋の仕上がりの色を白っぽくしたいときは、白みそを使って下さい。

まとめ

今回は大豆製品をかけ合せた豆乳鍋をご紹介しました。

大豆の植物性たんぱく質は、脂肪を燃焼させる働きがあり、ダイエットにも効果的です。
また、大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをする作用があります。更年期の女性や生理不順の女性にとってもうれしい栄養素なので、ぜひ食卓に取りいれてみて下さい。
 
 
 
参考文献:全日本鍋物研究会・フルタニマサエ(2008)『毎日食べたいウチの鍋』日東書院

関連記事

SHIZUKU 特集記事