秋の味覚 リメイクできるさつまいもレシピ | マルチピュアジャパン浄水器

秋の味覚 リメイクできるさつまいもレシピ | マルチピュアジャパン浄水器

秋の味覚 リメイクできるさつまいもレシピ | マルチピュアジャパン浄水器

関連記事

秋の味覚 リメイクできるさつまいもレシピ

Sep.2016
15

秋の味覚 リメイクできるさつまいもレシピ

Sep.15.2016

Share on FacebookTweet about this on Twitter

秋の味覚 リメイクできるさつまいもレシピ

秋は実りの季節。おいしい旬の食材が出回ります。さつまいももそのひとつ。

今回は、リメイクもできるさつまいものレシピをご紹介します。

 

その他の秋のレシピはこちらから

「秋の味覚 リメイクできる里芋レシピ」

「栗ご飯・鶏ごぼうご飯・さつまいもご飯のレシピ」

 

さつまいもと油揚げの煮物

さつまいもの甘さを感じられる、やさしい味の煮物です。

保存容器に入れ、冷蔵庫で3日間保存できます。

翌日は豆乳を加えて、スープにリメイクすることも可能です。

 

材料(4人分)

  • さつまいも(細いものがよい)…400g
  • ねぎ…1本
  • しめじ…1パック
  • 油揚げ…1枚
  • だし…カップ3と1/2~4
  • 薄口しょうゆ…大さじ2
  • 【A】

  • 砂糖…大さじ2
  • みりん…大さじ1

作り方

  • さつまいもは皮付きのまま、1.5㎝幅の輪切りにして、水にさらす
  • ねぎは4㎝の長さに切る。青い部分も使うので、同様に切る
  • しめじは石づきを取って、小房に分ける
  • 油揚げは湯通しして、横半分にし、1.5㎝幅に切る
  • 鍋にだしとさつまいもを入れ、火にかける。沸騰したら弱火にして5~6分煮る。
  • 【A】と残りの1を入れ、7~8分煮る
  • しょうゆ大さじ2を加え、さつまいもが柔らかくなるまで煮る

 

さつまいもの豆乳スープ

上記の「さつまいもと油揚げの煮物」をリメイクして作ります。

だしの旨みを吸った具材を使うので、かんたんにおいしいスープができます。

材料(2人分)

  • さつまいもと油揚げの煮物(上記レシピ参照)…250g
  • スープ(洋風顆粒スープのもと 小さじ1/2をカップ1の湯で溶いたもの)…カップ1
  • 豆乳(無調整)…カップ1
  • 薄口しょうゆ・こしょう…少々

作り方

  • さつまいもと油揚げの煮物は、ボウルで受けたザルにあけ、具と煮汁に分ける
  • 1の具のうち、さつまいもは鍋に入れ、玉じゃくしの底などで粗くつぶす
  • 残りの具は粗みじん切りにする
  • スープと1の煮汁を2の鍋に入れて混ぜ、火にかける。煮立ったら3を加えて、1~2分煮る。
  • 豆乳を加え、温まったら薄口しょうゆ適量とこしょう少々で味を調える。

さつまいものきんぴら

甘辛いさつまいものきんぴらは、思わず箸が伸びるなじみ深い味です。

厚めにむいた皮だけで作ってもよいです。冷蔵庫で3~4日間保存できます。

材料

  • さつまいも…300g
  • しょうが(みじん切り)…15g(大ひとかけほど)
  • 白いりごま…適量
  • 砂糖、しょうゆ…適量

作り方

  • さつまいもは皮つきのまま5mmの厚さに斜め切りにし、さらに5mm幅の細切りにする。水にさらしたのち、水気をきる
  • フライパンにサラダ油大さじ1を強火で熱し、しょうがを入れる。香りがたったら、さつまいもを加えて炒める
  • 油がなじんだら中火にする。砂糖、しょうゆ各大さじ1弱を加えて炒め、汁気がなくなったらごまを加えて混ぜ合わせる。

まとめ

さつまいもは、ふっくらとして、皮に張りがあり、均一な色をしているものを選びましょう。

さつまいもは、乾燥と寒さに弱いので、新聞紙に包むか段ボール箱に入れて、風通しの良い冷暗所で保存して下さい。品種によって糖度も違うので、旬のうちにいろいろと食べ比べるのも楽しいです。

 
 
 

参考文献:日本放送協会・NHK出版編集(2013・10月号)『きょうの料理』NHK出版

Share on FacebookTweet about this on Twitter

マルチピュア浄水器をすでにお使いの方

浄水器のある生活マガジン「SHIZUKU」