「いい風呂の日」にお風呂のプレ大掃除をしよう

「いい風呂の日」にお風呂のプレ大掃除をしよう

11月26日は、日本浴用剤工業会が制定した「いい風呂の日」です。
冬は、お風呂でゆっくり温まるのも楽しみのひとつです。
毎日使うお風呂をきれいに掃除して、新しい年を迎えましょう。

今回は、重曹とビネガー(酢)を使い、肌や環境にやさしいお風呂掃除の方法をご紹介します。

掃除に必要なもの

  • 重曹
  • ビネガー水(酢を水で2~3倍に薄めたもの。スプレーボトルに入れて使います)

 
詳しくはこちら

「重曹とビネガーでやさしく洗濯しよう」

バスタブ

バスタブは皮脂の汚れがつきやすい場所です。
直接肌が触れる場所なので、清潔に保ちましょう。
アクリルたわしに水をつけて磨いてもよいです。
 

バスタブの掃除方法

  • 古布やスポンジに重曹大さじ1をまんべんなく振りかける
  • 重曹にビネガー水を拭きつけると、重曹と酢が反応し、シュワシュワと発泡する
  • 発泡している間にバスタブ全体をなでるように拭く
  • 水位線のあたりは汚れやすいので念入りにこする
  • 洗い流す

 

排水溝

排水溝は、放っておくと雑菌が繁殖し、悪臭の原因にもなります。
ひどくなる前に掃除しましょう。
髪の毛やごみをなるべく流さないようにすることも大切です。
重曹を含んだ排水を毎日流すだけでも、汚れ対策になります。
 

排水溝の掃除方法

  • 排水溝に重曹をたっぷりと振りかける。このときの重曹は、靴箱や冷蔵庫の消臭に使ったものを再利用してもよい
  • 耐熱容器に入れた酢の原液1カップを電子レンジで約1分加熱。それを重曹の上にまわしかけて発泡させ、ふたをする。
  • 30分~2時間、できれば一晩おく
  • お湯で洗い流す。ふたやゴミ受けを外して水気を拭きとり、しっかりと乾燥させる。

 
☆排水溝に水気を残さないのが、ヌメリ防止のコツです。

 

シャワーヘッド

シャワーヘッドの目詰まりは、水あかが原因です。
水あかは結晶汚れなので、酢で汚れをゆるませて、重曹で磨くと、簡単に汚れが落ちます。
 

シャワーヘッドの掃除方法

  • 洗面器にビネガー水を張り、シャワーヘッドを一晩つける
  • 古布やスポンジに重曹を振りかけ、磨く。細かい部分には、古歯ブラシを使うとよい
 

バス小物

洗面器や湯桶が汚れたままだと、そこからカビや水あかが発生して、広がってしまうこともあるので、一度にまとめてきれいにしましょう。

 

バス小物の掃除方法

  • 入浴後の残り湯に重曹1カップを入れ、バス小物を漬けおきする
  • 一晩おいて引きあげ、重曹をつけて磨く

 
 

まとめ

お風呂は、一日の疲れを癒してリフレッシュしたり、親子のふれあいの場にもなる場所です。
いつも清潔に保ち、気持ちよく使えるように、こまめに掃除しておきましょう。
 
 
 
参考図書:岩尾 明子監修(2007)『人にやさしいナチュラルおそうじ―重曹・酢・せっけん 天然素材で家中きれい! 』大泉書店

関連記事

SHIZUKU 特集記事