下ごしらえから調理、器にもなる「耐熱ガラスボウル」 | マルチピュアジャパン浄水器

下ごしらえから調理、器にもなる「耐熱ガラスボウル」 | マルチピュアジャパン浄水器

下ごしらえから調理、器にもなる「耐熱ガラスボウル」 | マルチピュアジャパン浄水器

関連記事

下ごしらえから調理、器にもなる「耐熱ガラスボウル」

Nov.2017
15

下ごしらえから調理、器にもなる「耐熱ガラスボウル」

Nov.15.2017

Share on FacebookTweet about this on Twitter

肌寒くなってきましたね。
寒い時には温かい料理がほっとします。

今回は、温かい料理を手軽に作るための耐熱ボウルについてご紹介させていただきます。

耐熱ボウルとはその名の通り、耐熱のボウル。種類にもよりますが、レンジやオーブン、トースター、蒸し器、食器洗い機にも使うことができます。ステンレス素材、プラスチック素材のほかにガラス素材などがあります。下ごしらえしたまま電子レンジで調理ができるので、今人気の調理器具です。

耐熱ボウルの中でも耐熱ガラスボウルは、下ごしらえから調理、そのまま器代わり、残ったものを保存と、一つで何役もこなしてくれるのでお勧めです。
一つの食器で何役もこなしてくれるため洗い物を減らすこともできます。
また、臭いや傷が付きにくいのも耐熱ガラスボウルの利点です。

手軽に料理の幅が広がります

下ごしらえから調理、そのまま器代わりの耐熱ガラスボウル
耐熱ガラスボウルは大小さまざまなサイズがあるとなお便利です。ちょっとした野菜を加熱するときや、あと一品ほしいときなどでも電子レンジで手軽に調理することが出来ます。
ステンレスのボウルですと、泡だて器などで傷が付きやすく、ステンレスのかけらが調理したものに混入している心配がありますが、耐熱ガラスボウルならその心配もありませんのでお子さんのいる家庭にも安心です。

重さと調理後の熱さには注意を

耐熱ガラスボウルはプラスチックやステンレス、シリコンに比べると重いのでお子さんが扱うときは注意が必要ですが、重さがあるので混ぜるときなど強く抑えなくてもグラグラせず安定させることが出来ます。
また、ガラスとはいえ調理後は熱くなっていますのでミトンを利用するなどしてやけどに注意しましょう。

マルチピュア浄水器も、水道水特有のカルキ臭やカビ臭だけでなく発がん性物質、環境ホルモンなど一般の浄水器では取り除くことが困難な物質までしっかり除去できるので、小さいお子さんのいるご家庭におすすめの浄水器です。アレルギーをお持ちの方、放射性が気になるご家庭にオススメされている浄水器です。
安心を作るキッチンにぜひご活用ください。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

マルチピュア浄水器をすでにお使いの方

浄水器のある生活マガジン「SHIZUKU」