もち麦を取り入れて腸内環境を整える

もち麦を取り入れて腸内環境を整える

Share on FacebookTweet about this on Twitter

もち麦を取り入れるメリット

最近、ダイエット食品としても有名なもち麦。スーパーで手に入らない場合もあるようです。
もち麦は食物繊維の中でも腸内の善玉菌のエサとなる水溶性食物繊維が多いことが知られています。
善玉菌を増やすことで腸内環境が整い、便秘の改善などが期待されます。

よく食べられる「麦ごはん」の多くは押し麦を使っていますが、押し麦は麦の外皮を取り除いたものです。
もち麦は外皮の一部を残しているため、押し麦よりも食物繊維が豊富です。

食感がもちもちしていてかみごたえもあるため、少量でも満腹感が得られることが特徴です。

もち麦ご飯の炊き方

普段の白米を炊くのと変わりなくもち麦ごはんを炊くことができます。
炊飯器でもお鍋でも炊くことができます。もちろん、小分けして冷凍することも可能です。

炊き上がり3号の場合

  • 白米 2合
  • もち麦 100g
  • 水 200ml

炊き方

  • 白米を普段通り研いで、2合分の水を加える
  • もち麦を入れてさらに水200mlを加える
  • 白米ともち麦を混ぜる
  • 浸水させて普段通り炊く

もち麦ご飯のアレンジ 枝豆と塩昆布のもち麦おにぎり

プチプチした食感のもち麦に枝豆を加えて栄養満点のおにぎり。
塩昆布で味をつけて風味豊かに味わうことができます。

材料

  • もち麦
  • 枝豆(冷凍枝豆を解凍)
  • 塩昆布

作り方

  • ボウルに材料全てを入れて混ぜる
  • 塩昆布が熱と水分で柔らかくなったらおにぎりを握る

お米を研ぐ時から浄水を

お米は乾燥しているので、水をぐんぐん吸い取ります。
一番重要なのは最初に研ぐ時のお水だとも言われていて、まずはさっと洗ってすぐ水を捨てるのが美味しく炊くポイントです。
もち麦ご飯を作るときも、最初から良いお水を使うと美味しく炊きあがります。
マルチピュア浄水器なら、水道水特有のカルキ臭やカビ臭はもちろん、発がん性物質、環境ホルモンなど一般の浄水器では取り除くことが困難な物質までしっかり除去できるので、美味しさはもちろん安全なお水を使うことができます。
世界基準のマルチピュア浄水器をお手軽に使えるレンタルもあります。お気軽にお問い合わせください。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

関連記事

SHIZUKU 特集記事