第1回 ハーブティー研究部【ハーブを同分量でブレンドしよう】

第1回 ハーブティー研究部【ハーブを同分量でブレンドしよう】

Share on FacebookTweet about this on Twitter
マルチピュア浄水器を使っている、あるオフィス。
「ちょっとした息抜きの時間が欲しい」という会話から、ハーブティー研究部を発足しました。
入部は自由、活動時間は思い立ったとき。
たくさんの種類のハーブを少量ずつ購入して、自由にブレンドを楽しみます。
今回は、ハーブティー研究部レポート第1回目です。
ブレンドが初めてなので、ハーブを同じ分量でブレンドして、それぞれの味を確かめてみました。

リラックス、リフレッシュブレンド

  • ジャーマンカモミール(鎮静作用)…1
  • マリーゴールド(抗菌・抗炎症作用・美肌)…1
  • ペパーミント(胃腸の不調・リフレッシュ・リラックス)…1

(※分量表記「1」は、全て「ティースプーンに1杯」です。)

味、香り

カモミール、マリーゴールドの花の甘い香りがふわっとたちます。
まるくて柔らかな花の香りと、ペパーミントのさわやかさをそれぞれ感じられるブレンドになりました。
ハーブティーを初めて飲んだ男性も、飲みやすかったとのこと。
ハーブ独特の味が苦手な人でも飲みやすいようです。

感想

  • 香りが良くて、リフレッシュになりました。
  • 普段ハーブティーをあまり飲まないのですが、香りが際立っていて、さっぱりと飲みやすかったです。

疲労回復ブレンド

  • ハイビスカス(疲労回復・目の疲労感)…1
  • ローズヒップシェルカット(ビタミン豊富・目や全身の疲労回復・月経痛緩和)…1
  • ペパーミント(胃腸の不調・リフレッシュ・リラックス・頭痛改善)…1
  • アップルフルーツチップ(フルーティーさをプラスしたいときに)…1

味、香り

はじめにアップルのフルーティーな香りが広がり、次にさわやかな酸味がきます。
そのまま飲むとビタミン豊富な果実独特の酸味を感じるので、甘いお菓子などと一緒に飲むとバランスがいいです。
後日、アップルフルーツチップを増やして入れたら、さらに飲みやすくなりました。
 

感想

  • 赤い色がきれいで目でも楽しめました。
  • そこまで酸っぱすぎず、アセロラに少し似たさわやかな味がしました。
  • ブレンドしたハーブの味や香りがそれぞれしっかり感じられておいしかったです。
  • 飲んだ後は肩が軽くなったような気がしました。

第1回まとめ

はじめてのブレンドは、クセのあまりないハーブを、同じ分量で配合してみました。
このときの味や香りを覚えておくと、「まろやかな味だったから、今度はミントを多めにして清涼感を出してみよう」と、自分好みにアレンジするときに分かりやすいです。
 
ハーブティーを入れるようになって気づいたのは、お湯を沸かすほんの少しの時間が、思った以上に気分を変えてくれること。そして、自然と周りとの会話も増えてきました。
これからもっと、ハーブの魅力を知っていきたいと思います。

 
 
ハーブの効能について:
参考文献 佐々木薫(2015)『はじめてのハーブティーの教科書』PHP研究所

Share on FacebookTweet about this on Twitter

関連記事

SHIZUKU 特集記事