ハーブティーを楽しもう | マルチピュアジャパン浄水器

ハーブティーを楽しもう | マルチピュアジャパン浄水器

ハーブティーを楽しもう | マルチピュアジャパン浄水器

関連記事

ハーブティーを楽しもう

Sep.2015
3

ハーブティーを楽しもう

Sep.3.2015

Share on FacebookTweet about this on Twitter

ハーブティーのいいところは、気軽に薬草の効能を得られるところです。ヨーロッパを中心に人気があり、最近は日本でもよく見かけるようになりました。体調や気分によって「今日はどのハーブティーを淹れようか」と、考えるのも楽しいです。今回はハーブの種類と効能、楽しみ方のお話です。

胃腸にやさしいハーブティー

胃腸を労わりたいとき

ジャーマンカモミールがおすすめです。小さな白い花びらを持ち、りんごのような甘い香りがします。消炎作用があり、ストレスによる胃炎や不眠、冷え症にも効果があります。他のハーブともブレンドしやすいです。

 

ぐっすり眠りたいとき

「ジャーマンカモミール」+「リンデン」+「バレリアン」のブレンドがオススメです。

リンデンには鎮静作用、バレリアンには筋肉の緊張を和らげる効果があります。3つをブレンドしたハーブティーを夕食後に飲むと、寝つきが違います。

 

ストレスが胃にきそうなとき

「カモミール2:ペパーミント1」の割合でブレンド。

胃腸の働きを促す、すっきりと爽やかなハーブティーになります。

デトックス効果のあるハーブティー

日本人が摂る食品添加物は年間約4㎏ともいわれます。なるべく摂らないように心がけるのも大事ですが、不要なものをスムーズに排出できる体に整えてあげるのも、効果的です。

 

肝臓の働きを活発に

「アーティチョーク」がおすすめです。

とても苦みがあるので、体は本能的にこの苦みを毒として判断し、排出を促してくれます。

 

二日酔いや脂っぽいものの食べ過ぎに

「ミルクシスル」がおすすめです。

肝臓を守り、清浄、再生効果があります。かすかな苦みとやわらかな甘みを持つハーブです。

女性にやさしいハーブティー

冷え症

「ジンジャー」や「シナモン」がおすすめです。このふたつを紅茶に混ぜてもおいしいです。

 

生理痛・更年期障害

「ラズベリーリーフ」がおすすめです。別名を「安産のティー」とも言います。

 

美肌

美白成分のアルブチンを含む「ヒース」、保湿効果のある「マーシュマロウ」を活用してみて下さい。

 

貧血予防

鉄分を含む「ネトル」、栄養価が高いハーブ「マテ」もよいです。

 

ハーブティーを飲むときの注意点

手軽に飲めるのがハーブティーの魅力です。しかしハーブはもともと薬草なので、副作用があるものもあります。例えば、薬効が強く、妊娠中は控えた方がいいものとして、「パセリ」、「セージ」、「ローズマリー」、「タイム」などがあります。神経質になる必要はありませんが、長期に飲む場合は、専門医や専門店で相談して下さい。

ハーブティーの入れ方

入れ方は、ドライハーブティーなら緑茶や紅茶とほぼ同じです。種類によって形状がさまざまなので、一度計量して目安を掴むとラクです。

花や葉が多いものは3~5g、種や実が多いものは5~7gが目安。蒸らし時間は、花や葉は3~5分、種や実は5~7分程度です。

ガラスのポットやカップを使うと、ハーブティーの色合いも楽しめます。

お気に入りを探そう

種類も薬効もさまざまなハーブ。ドライハーブは10g程度の少ない量から購入することもできるので、まずはお気に入りを探すことから始めてみてはいかがでしょう。自分好みのブレンドを試すのも、誰かと一緒に飲むのも楽しいです。ハーブティーでくつろぐひとときは、忙しい生活の中でも、ほっとやすらげる余裕を与えてくれます。注意点も踏まえたうえで、いろいろ試してみて下さい。

 
 

参考文献 三宅貴男(2015)『「うちでお茶する?」のコツ100』雷鳥社

Share on FacebookTweet about this on Twitter

マルチピュア浄水器をすでにお使いの方

浄水器のある生活マガジン「SHIZUKU」