おいしい紅茶の入れ方をマスターしよう | マルチピュアジャパン浄水器

おいしい紅茶の入れ方をマスターしよう | マルチピュアジャパン浄水器

おいしい紅茶の入れ方をマスターしよう | マルチピュアジャパン浄水器

関連記事

おいしい紅茶の入れ方をマスターしよう

Feb.2017
28

おいしい紅茶の入れ方をマスターしよう

Feb.28.2017

Share on FacebookTweet about this on Twitter

おいしい紅茶の入れ方をマスターしよう

紅茶を飲む機会はあっても、正しい紅茶の入れ方は、意外と知らないものです。

今回は、紅茶のおいしい入れ方についてご紹介します。

丁寧に入れると、味や香りで応えてくれます。

茶葉の等級によって蒸らし時間が変わる

紅茶には等級があって、茶葉の大きさによって分類されています。

例えば、大きな形をとどめたリーフは「OP」、それより小さめのリーフは「BOP」、ティーバックに用いられることの多い粉茶に近いものを「BOPF」と呼びます。

大きなリーフだと断面が少ないので、抽出時間は長めにします。反対に、リーフが細かいものは時間を短めにと覚えておくとよいです。

茶葉を量ろう

カップ1杯分なら茶葉の量は約2~3gです。

お手持ちのティースプーン1杯は何gか、ポットには何cc入るのか知っておくと、目安になって便利です。

同じティースプーン1杯でも、茶葉の等級によって重さが違ってくるので、一度量ってみることをおすすめします。

紅茶には汲みたての浄水が最適

紅茶をおいしく入れるには、軟水が適しています。

日本の水道水の多くは軟水なので、そのまま使うことができます。

空気をたっぷり含んだ汲みたての水を使いましょう。

浄水なら塩素のにおいも気にならず、香り高い紅茶が楽しめます。

大きな泡が湧くまで沸騰させたお湯で入れるのもポイントです。空気を含んだ湯の中で、茶葉がよくジャンピングしてくれます。

ジャンピングとは

ジャンピングとは、熱湯の中に含まれた空気で、茶葉が浮いたり沈んだり、お湯の中を上下している状態のこと。

茶葉の旨みを引き出す工程のひとつで、日本独自の言葉です。

温めたポットに、しっかり沸騰した熱湯を注ぎ、蒸らす。こうすることで熱が保たれ、茶葉がくるくると泳いでくれます。

紅茶を入れてみよう

さっそく入れてみましょう。今回は失敗が少ない目安量を紹介します。

 

  • あらかじめポットとカップをお湯で温めておく
  • 温め用のお湯を捨てる
  • 茶葉を5gポットに入れる
  • ポットに沸騰したてのお湯を300cc注ぐ
  • フタをして蒸らす(ティーコジーがある場合はかぶせると冷めにくくてよい)

 

蒸らす時間は茶葉の等級によって変わります。

大きめの茶葉なら3~4分、細かい茶葉なら2~3分です。

2分経ったら味見をして、薄かったら時間をのばすようにすると、失敗しないです。

ティータイムを楽しもう

おいしい紅茶を入れるコツは「茶葉を量る」「熱いお湯を使う」「味見をする」ことです。

簡単な工程ですが、これを守ることで、いつもとはひと味違う紅茶に出会えます。ぜひ丁寧に入れた紅茶の味を楽しんでください。

 
 

参考文献 三宅貴男(2015)『「うちでお茶する?」のコツ100』雷鳥社

Share on FacebookTweet about this on Twitter

マルチピュア浄水器をすでにお使いの方

浄水器のある生活マガジン「SHIZUKU」