日本の水道水は本当に安全なのか?

日本の水道水は本当に安全なのか?

世界の水事情をみても、日本の上下水道はかなり整備されているとされています。
確かに、浄水場の数、技術は世界に誇れるものです。
水道水が飲めるということは、私たちにとっては当たり前ですが、世界的に見ると珍しいものです。
では、実際に私たちが飲んでいる水道水は本当に安全と言えるのでしょうか?

浄水場での浄水作業とは

浄水場では、まず川の水を取水したあと、大きな砂や土を長時間放置して沈殿させます。
その後、ろ過・次亜塩素酸ナトリウムでの消毒を行います。
ろ過・消毒された水は貯水され、各家庭にポンプで配水されます。
浄水場では配水する前にその水質を細かくチェックしています。
このため、家庭で飲む水は安全を担保されています。

汚染されるのは浄水場から蛇口の間

浄水場をでる水は水質を検査した安全なものです。
浄水場から水道管を通り、マンションなどでは一度貯水され、各家庭の蛇口まで運ばれます。
このため、水道管や貯水施設で水が汚染されることは少なくありません。

水道管も定期的なメンテナンスはされていますが、さびやカビなどが混入される場合もあります。
そういった水が蛇口まで運ばれている可能性も否定できません。

蛇口から出る直前に浄水する

汚染された可能性のある水を口にするのは不安があります。
このため、浄水器を取り付けることを推奨します。
浄水器も日本製のもの、外国製のもの、除去項目数など性能は様々です。
透明な水はその安全性を家庭で確認することが難しいものです。
性能が保証された浄水器を選び、使うことが大切です。

圧倒的高性能なマルチピュア浄水器を

マルチピュア浄水器は、他社の浄水器と比較してもその性能は圧倒的です。
日本のJIS規格を取得した浄水器は13項目の除去性能が保証されています。
一方、NSF認証を取得したマルチピュア浄水器は98項目の除去性能を保証しています。
家族の安全をまずは自ら見直してみませんか?
月額制のレンタル製品もございます。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

SHIZUKU 特集記事