【素敵なお店へ】日本料理と桜しゃぶしゃぶ「そま莉」(目黒)-3-『熊本の桜しゃぶしゃぶを頂きました』

【素敵なお店へ】日本料理と桜しゃぶしゃぶ「そま莉」(目黒)-3-『熊本の桜しゃぶしゃぶを頂きました』

目黒の日本料理と桜しゃぶしゃぶ屋「そま莉」

『そま莉』は、居心地のよい空間で、熊本の郷土料理を堪能できるお店。

馬肉を使った桜しゃぶしゃぶ、からし蓮根などを頂きながら、河津さんに熊本料理や故郷についてお聞きしました。

 

【ぜひ第1回から合わせてお読みください】

第1回「自分だからできること」
第2回「人と人とをつなぐ 縁の下の力持ちに」

熊本料理のこと

・夏野菜金平              ・茄子の揚げ浸し
・造り二点盛(かんぱち 石鯛)        ・酒盗枝豆    (画像並び順)

 
夏野菜金平茄子の揚げ浸し造り二点盛(かんぱち 石鯛)酒盗枝豆
 

盛りつけが上品なお造りのかんぱちは、プリプリと弾力があって、石鯛はほんのりと甘く、旬のものを新鮮に丁寧に提供する心遣いを感じました。

 
 
辛子蓮根
 

自家製の辛子蓮根は思ったよりもマイルドな味わいで、お酒と合う絶妙な辛さでとてもおいしいです。

 
 
豚足焼き
 

東京ではあまり馴染みのない豚足焼き。カリッと焼きあがった豚足は初めてです。

外は香ばしくて、噛むとお肉とトロッとしたコラーゲンが骨からほろりと外れてジューシー。さらに柚子胡椒をつけるとピリッとしたアクセントがついて、またおいしい!

今までの豚足のイメージが変わりました。

 
 
馬刺し
 

左から時計回りにヒレ、フタエゴ、タテガミです。

「馬肉は高たんぱく質、低カロリーで栄養満点なんですよ」と河津さんが教えてくれました。

赤身の馬刺は頂いたことがあるのですが、サシの入ったフタエゴや脂身のタテガミは初めてでした。

 

フタエゴはトロッとしていてお肉らしい食べごたえがあるのに後味はあっさり。

タテガミはコリッとしていて、クセのない脂身の甘さを感じます。

 

赤身のヒレと脂身のフタエゴを重ねて、ニンニクかおろし生姜をつけて食べるのもオススメということで、2枚を重ねて食べると、歯ざわりの違いや徐々に溶けてくる脂の甘みが追いかけてきて、重厚な味わいでした。

 

そま莉の看板 桜しゃぶしゃぶ

桜しゃぶしゃぶ
 

―桜しゃぶしゃぶを頂くのも初めてです。

 

桜しゃぶしゃぶはイチオシです!

 

馬のお肉はお刺身でも食べられる鮮度のいいものを熊本から取り寄せています。

そう言うと、「それぐらい鮮度がいいんだな」って解釈されるんですけど、お肉の塊を、大きい部分をしゃぶしゃぶに、小さい部分をお刺身としてお出ししているので、本当に生で食べられるんですよ。

 

試しに生で食べてもらうと、「あ、おいしい!生の方がいいんじゃない?」ってお客さんに言われるくらいです。(笑)

 

―おすすめの食べ方はありますか。

 

桜しゃぶしゃぶは、特製の出汁にさっとくぐらせて、たっぷりの白髪ねぎと一緒に召し上がってください。そばつゆとポン酢を用意しているので、お好みでどうぞ。締めには打ちたての蕎麦もありますよ。

 
 
桜しゃぶしゃぶ盛り付け桜しゃぶしゃぶを鍋へ自家製手打ちそばさっとくぐらせた桜しゃぶしゃぶ

――さっそく、まずは白髪ねぎだけを出汁の中へ。桜肉はほんの1、2秒さっとくぐらせて、先に入れていた白髪ねぎと一緒に頂きました。

 

やわらかくて甘くて、おいしい!

上品な脂なので何枚でも食べられます。

 

そばつゆでお肉の甘みを楽しんで、ときどきポン酢で爽やかなパンチを効かせて、たまにお刺身のまま味わって…と堪能していたらあっという間にお皿が空になってしまいました。

 

桜肉はたくさん食べても胃にもたれないし、食べると活力が湧いてくるような気がします。桜肉の旨みがうつったそばつゆで頂く締めの打ちたてのお蕎麦もまたおいしかったです。

 

故郷 熊本のこと

「そま莉」の女将、河津さん
 

―サシの入った桜肉を食べたのは初めてでした。熊本の馬の特徴なんでしょうか。

 

長野は小柄な馬で赤身が中心なのに対し、熊本の馬はどーんと大きくて、サシが入ってトロッとしています。「そま莉」では、馬一頭700~800㎏から2㎏ほどしか取れない部位を使っているのですが、震災で入手が難しくなっていて。

 

―震災から5ヵ月経ちますが、地元の声を聞く機会はありますか。

 

人手不足の話は聞きます。ボランティアの方じゃなくて、業者さんが足りないから家の解体が進まないそうです。

 

それと、観光客がすごく減ってしまって、熊本の街が静かなんですって。本来、熊本の飲み屋って人気で、夜が楽しみになるような街。そこが今しゅんとなっちゃっている。

街を盛り上げるには、たくさんの方々に熊本に来ていただくことが一番かなと思います。

 

―熊本はどんなところですか。

 

基本的に明るい人柄の人が多いし、阿蘇の自然はすごくきれいです。熊本は温泉もたくさんあるから、地元に帰ると一人で車を飛ばして入りに行きます。(笑)ぜひみなさんにも熊本に足を運んでいただきたいです。

 

――お話しているとこちらまで明るい気持ちになるような笑顔が印象的な河津さん。

28歳でショットバーを始めたときから現在に至るまのお話はわくわくしましたし、最後は熊本料理をたっぷり堪能させていただきました。

笑顔と好奇心、情熱と癒しの「そま莉」。

「またすぐに来たいな」と思わせる、女将・河津さんと熊本料理は魅力にあふれていました。

 

桜しゃぶしゃぶと日本料理 「そま莉」

【営業時間】月 ~ 土(日祝休み)

      

18:00 – 23:00

      

(お食事ラストオーダー 22:00)

      

(お飲み物ラストオーダー 22:30)

 

【座 席 数】カウンター 14席、テーブル 16席、全席禁煙(全席座敷)

 

【住  所】〒153-0063

      

東京都目黒区目黒1-4-8 東レクビル2F

 

【アクセス】JR山手線 目黒駅西口

      

東急目黒線、東京メトロ南北線、都営三田線 目黒駅 各駅より徒歩2分

HP: http://www.somalie.net/

FB: https://www.facebook.com/diner.somalie/

関連記事