ブロモジクロロメタン(TTHM)

除去率>99.8%
原水濃度0.300mg/L
浄水許容濃度0.015mg/L
水道水への暴露浄水場で添加される消毒剤の塩素と水中の有機物と反応することで生成されるトリハロメタンの構成物質。
人体への影響毒性としては、肝臓への影響が考えられます。また突然変異(催奇形性)を誘発することが動物実験で明らかになっています。