1、1、1-トリクロロ-2-プロパノン

除去率96.00%
原水濃度0.0082mg/L
浄水許容濃度0.003mg/L
水道水への暴露麻酔・鎮静作用があり、過去には睡眠薬として用いられたことがある。現在では各種製剤の防腐剤などに利用されている。
人体への影響ラットの試験では生殖発生への影響が見られた。また腎臓肝臓への影響も見られた。