ヘプタクロール

除去率>99%
原水濃度0.25mg/L
浄水許容濃度0.00001mg/L
水道水への暴露土壌病害虫やシロアリに対して有効な殺虫剤。日本では1957年に農薬として登録されたが1972年に取り消されている。
人体への影響ヒトに対しては肝臓への障害と中枢神経の過剰刺激を引き起こす。発癌性も疑われている。また非常に安定した構造を持つため、自然の環境下では何十年間も分解されずに残る。