メトキシクロル

除去率>99%
原水濃度0.050mg/L
浄水許容濃度0.0001mg/L
水道水への暴露農薬として日本で過去に登録されていたが、現在では失効し国内では使用されていない。
人体への影響内分泌霍乱物質(環境ホルモン)と考えられている。ラットの実験においても、周生期におけるメトキシクロルの暴露は脳の性分化に影響し、性成熟後の生殖機能に異常を来す可能性を示唆している。