パークロロブタジエン(ヘキサクロロブタジエン)

除去率>98%
原水濃度0.044mg/L
浄水許容濃度0.001mg/L
水道水への暴露塩素化炭化水素製造時の副産物として生成される。また塩素プラントの塩素含有ガスの再生利用に使用されたり、化学物質中間体、燻蒸剤として利用される。
人体への影響難分解性で高蓄積性がある物質。ラットの試験で肝臓腎臓に悪影響が見られれ、また生殖機能にもあ悪影響を及ぼす。