1、1、2、2-テトラクロロエタン

除去率95.00%
原水濃度0.081mg/L
浄水許容濃度0.001mg/L
水道水への暴露他の塩素化炭化水素製造の際の中間物である。過去においては、洗浄用及び金属の脱脂用溶剤、ペンキ剥離剤、ニス及びラッカー、写真フィルム、油脂kの抽出溶剤として使用されていた、
人体への影響眼、皮膚、気道を刺激し。中枢神経系、肝臓、腎臓に影響を与え、中枢神経系機能の低下や障害を生じることがある。意識喪失を生じることがあり、しにいたることがある。米国環境保護庁(EPA)ではヒト発がん性があるかもしれない物質に指定されている。