メプロバメート

除去率>94.9%
原水濃度400mg/L ±20%
浄水許容濃度0.00006mg/L
水道水への暴露非バルビツール酸系の初のトランキライザー(精神安定剤)である。アメリカではミルタウン、エクワニル、日本ではアトラキシンの商品名で知られる。1950年代に、安全性に懸念のあったバルビツール酸系のフェノバルビタールに代わって、習慣性がないとして販売された。しかし依存や乱用が問題となり販売中止に至った。
人体への影響体内に摂取した薬剤が尿などから体外に排出され下水場で処理しきれず河川に残留している懸念がある物質。人体への影響が明らかになっていない物質。