ビスフェノールA

除去率99.00%
原水濃度2000mg/L ± 20%
浄水許容濃度0.0003mg/L
水道水への暴露ポリカーボネート製のプラスチックを製造する際のモノマーや、エポキシ樹脂の原料として利用されている。抗酸化剤、あるいは重合禁止剤としてポリ塩化ビニルの可塑剤に添加される。
人体への影響アメリカ合衆国での調査では、ヒトからかなりの確率で検出された。1996年『奪われし未来(Our Stolen Future)』をきっかけに調査が始まり、日本の製缶業界では自主的なガイドラインを設定。