クロロフォルム(TTHM)

除去率>99.8%
原水濃度0.300mg/L
浄水許容濃度0.015mg/L
水道水への暴露浄水過程で、水中のフミン質等の有機物質と消毒剤の塩素が反応して生成するトリハロメタンの主要構成物質です。医薬品(麻酔剤)や、各種工業製品の製造過程における溶媒の用途があります
人体への影響クロロホルムは中枢神経を麻痺させることができます。毒性としては、肝臓への影響が考えられ、慢性影響として発がんのリスクがあります。