エンタモエバ(原虫)

除去率99.95%
原水濃度最低50,000個/L
浄水許容濃度99.95%除去率以上
水道水への暴露赤痢アメーバ。環境中では増殖はしませんが、ヒト、ウシ、ネコ等多種類の動物に経口的に摂取されると、消化管の細胞に寄生して増殖、糞便で体外へ排出され感染源となります。塩素に極めて高い体制があるため、水道水中に混入した場合、集団感染を引き起こす可能性があります。
人体への影響激しい下痢、湯苦痛、嘔吐などの症状が7~14日間程度持続。有効な治療薬は無く対処療法となる。